「お疲れ様でした」は英語で何て言う??|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンターTODAY

「お疲れ様でした」は英語で何て言う??

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

What’s This in English?
これを英語で何て言う?

今回のブログでは日常で使用する日本語の英語では表現しづらいものに簡単に触れてみようと思います。しかし、これらは数ある翻訳の一例であり、文化の違いから、英語でこれらの表現を完璧にするということは不可能だということをまず覚えておいてください。
In this blog, let’s quickly take a look at some everyday expressions in Japanese that are difficult to express in English. Please remember that these are only possible translations of the Japanese expressions and keep in mind that it is almost impossible to capture the true meanings of some of these expressions in English due to cultural differences.

「がんばって」

簡単に訳すると「hang in there!」や「do your best!」もしくは「good luck!」となります。面接や試験の前の人には「good luck!」と言いますが、同僚が何か特に忙しい時、疲れている時などは「hang in there!」を使います。誰かが大変な作業を任されて、それを励ます時は「do your best!」を使うと良いでしょう。
Roughly translates as ‘hang in there!’, ‘do your best!’, or ‘good luck!’. Before an interview or test, we may say ‘good luck!’, however when we see that a colleague is having a particularly tough day, we might say ‘hang in there!’. When spurring on someone who is trying hard in a task, we would say ‘do your best!’.

「お疲れ様でした」

仕事終わりに良く使われる表現ですね。英語では「see you tomorrow!」「have a nice evening!」「take care」などを用いることで、日本語の「お疲れ様でした」に似たような意味合いを持たせることができます。
A very common expression to use when finishing work; in English we could say ‘see you tomorrow!’, ‘have a nice evening!’ or ‘take care’ to closely capture the spirit of this feeling.

「しょうがない」

一番意味合いが似ている訳は「it can’t be helped」もしくは「there’s nothing (we) can do about it」を使うことができます。 「whatever!」を使う人もいますが、これは多くの場合素っ気なく聞こえたり、場合によっては失礼にあたる場合がありますので気を付けましょう。
This can best be translated as ‘it can’t be helped’ or ‘there’s nothing (we) can do about it’. Some people may say ‘whatever!’, but be careful as this could come across as being dismissive and rude.

「気にしないで」

良く「don’t mind」と間違って使用されることが多いですが、何かがっかりするようなことが起こった時には「never mind」を使ってみたり、何か困った状況の場合は「don’t worry about it.」と使うようにしてみましょう。 「I don’t mind」は何かを快く引き受ける時に使うべきです。例「 I don’t mind starting the meeting early」会議が早く始まることは気になりませんよ。
Often confused as ‘don’t mind’, we should try using ‘never mind’ when something disappointing happens, or ‘don’t worry about it’ in troublesome situations. ‘I don’t mind’ should be used when you want to tell someone that you are happy to do something, e.g. ‘I don’t mind starting the meeting early’.

Try some of these expressions out for yourself and see if they work out for you!
これらの表現を実際に日常で使ってみて、正しく相手に伝わっているかどうか確認してみてくださいね!


ニュアンスまでしっかり理解!ストレスフリーで英会話ができるようになる!
まずは無料体験で上達を実感!

この記事を読んだ人は下記の記事も読んでいます

無料体験レッスン申込み
Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ